Beyond Corona Forumには、経験豊富な大人たちも多数関与しています。
その中でも特に選抜された方が、今回「プロデューサー」として参画します。
青春部の活動へのアドバイスや、アイデアの選抜、そしてアイデアの実現に向けて
手厚いサポートが受けられること間違いなしです!

企業プロデューサー

IAAZAJ(イチアミエイゼットアートジョイ)ホールディングス株式会社

代表者:小田浩史

無限の発想からひとつでも多く形にできる事を期待しています。

IAAZAJ(イチアミエイゼットアートジョイ)ホールディングス株式会社のHPはこちら

株式会社 庭建

代表者:田雑豪裕

これまでに経験したことがないほどの速度で、劇的に変化し続けている現代においてまた一つの大きな転機を迎えたと考えています 。 我々は、コロナウイルスによって、生き方、働き方の変化を求められ、これまで培ってきた価値観の見直しをも迫られていると感じています。 我々が生業し、癒しやアメニティ空間を創造してきた”造園”というものがどのように役に立てるか検討しているところです。 その中で、これから自分たちがどうあるべきか、どこへ進むべきかを皆さんと一緒に考えて行きたいと思っています。

株式会社 庭建のHPはこちら

PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.

代表者:小田原 靖

尊敬する松島先生から声をかけていただきました。私、バンコクで1994年に人材紹介業を起業し今に至っています。その他に、レンタルオフィス、通訳者派遣、教育・研修の4事業の会社を経営しています。この28年間で、いくつもの事業の立ち上げに携わってきました。実業の運営の経験や、海外で起業した経験などがビヨンドコロナフォーラムに参加する皆様のお役に立てれば光栄です。WAOJEという、海外で起業している日本人の集まりがあります。 世界20カ国、26箇所に支部があり、それぞれの国で起業した日本人が参加しています。今年の4月から、2年の任期でその会の代表を努めています。タイのみならず海外で企業のキーワードでお力になれる事があると思います。

PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER (THAILAND) CO., LTD.のHPはこちら

八幡自動車商会

代表者:池田 等

1985年St Thomas Academy高校入学(アメリカ、1988年上智大学比較文化学部入学、1993年株式会社日商岩井(現双日)入社/エネルギー化学プラント中東担当、1988年株式会社八幡自動車商会入社。
株式会社船井総合研究所より“最優秀新チャネル開発賞” + “ベスト躍進カンパニー” 受賞、株式会社コバックより年間車検台数3,000台達成“KOBAC GOLD MEMBERS”認定、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社より高品質代理店“AAA”認定+“優秀代理店ゴールドエージェンシー”認定、損害保険ジャパン日本興亜株式会社より業務品質優秀代理店として“中核代理店ライジングJ賞”受賞と様々な表彰をうけている。
Japanese Standardの整備技術をベースに会社を立ち上げ、創業から55年経った今、その技術は世界的にも高い評価を得ている。
仕事を誇りに思い、多くのお客様、国境、人種を乗り越え、素晴らしい商品とサービスを提供していくことこそがグローバルな社会問題を解決する企業としての使命だと考え、日本国内のみならず、アジア、オセアニアにおいても活躍できるビジネスの展開を目指している。

君へのメッセージ
コロナは私たちに気づかせてくれます。
自然界や地球には浄化する見えない巨大な力があり私たち人間は無力であること、世界はつながっていること、家族は大事であることなど、多くの示唆を与えてくれます。しかし、それらの示唆は全て、良くなるためのムーブメントだと考えます。その中で私たちの価値観も大きく変わろうとしています。
私たちの小さな一歩から世界を更によりよくできる。皆さんと一緒に大きく考えていければと思っています。

八幡自動車商会のHPはこちら

ゆず兄弟株式会社

代表者:スベン・パリス Sven Palys

これはタイムリーで重要な取り組みであるだけでなく、通常一緒に働くことのない個人、組織、団体の間で新しい絆を結ぶ絶好の機会になると思います。異なる視点が交差するところに新しいアイデアは生まれます。

この素晴らしいプロジェクトを サポートできることを喜ばしく思いますし、どんなアイデアが出てくるかも楽しみにしています。

ゆず兄弟株式会社のHPはこちら

合同会社 DMM.com

企業プロデューサー:HIDETOSHI TABATA

新規事業の構築については、コロナ終息後という視点の前に ニーズがあるか、構築できるかをよく考えるとビジネス化に結び付きやすいです。

合同会社DMM.comのHPはこちら

個人プロデューサー

秋田純一

秋田 純一

-AKITA Junichi

金沢大学教授。1970年名古屋市生まれ。東京大学電子情報工学専攻博士課程修了、博士(工学)。公立はこだて未来大学の開学策定に関わった後、同講師、金沢大学講師を経て、現在は金沢大学教授。

専門は電子工学、特に半導体集積回路だが、技術と社会との関わりにも強い興味を持ち、世界的な新たなものづくりの動きであるMaker活動も積極的に関わる。

君へのメッセージ
“Done is better than perfect”
これは、Facebookを創業したザッカーバーグ氏の言葉です。 たとえ完璧なアイディアでなくても、具体化してアクションを起こすことで、世の中は変わりえます。そんなみなさんのアイディアを具体化するお手伝いをできればと思います。

川崎洋志

河崎 洋志

-KAWASAKI Hiroshi-

若い学生の皆さんと仲間となり、新しい未来に向けてチャレンジできることに、とてもワクワクしています。日頃は医学系で脳に関する研究をしています。何でも気軽に声をかけてください! いろいろと話しましょう!

ダガンさがの

ダガンさがの

-DUGGAN Sagano-

I was born in Kanazawa City and brought up in New Zealand. I majored in education at The University of Canterbury and completed my M.A in Applied Linguistics at The University of Waikato. I was working as the English program director and lecturer for the International Program (Hangzhou, China) of Waikato University’s management school before I joined Kanazawa University as an associate professor in 2015. I specialize in second language acquisition with emphasis on fostering learner autonomy in higher education.

A message for you (君へのメッセージ)
Innovation is the cornerstone of sustainable development. Even more so given the social and demographic challenges that Japan is facing, so it is critical that we, as a society, continue to strive to reach new and innovative solutions for complex problems – and that may well require some unorthodox thinking and strategies.

Nevertheless, there are fewer female entrepreneurs than male in Japan. In global terms, Japan ranks 46 th out of 58 surveyed countries (Mastercard Index of Women Entrepreneurs, 2019), the lowest-ranked advanced nation.

I would like to encourage greater participation here and cultivate stronger leadership to explore innovations in science, technology, arts, and culture.

浅岡 正教

浅岡 正教

-ASAOKA Masanori-

1980年富山県富山市生まれ。株式会社ユアブレインズ グループリーダー/一般社団法人FAP代表理事
北陸大学法学部卒、メーカーの営業職を経て、(株)ユアブレインズに入社。スキャナなどの組込システムや業務アプリケーション開発など様々なシステム開発に従事。2017年より金沢市が主催するテクノロジーイベント「金沢ベンチャーITフェスティバル」実行委員、同志社女子大学での講師などの講演活動や自治体との連携事業を開始。また同年に金沢市のプログラミング教育導入事業「金沢市キッズプログラミング教室」を企画・運営を委託。それをきっかけに、「一般社団法人FAP」を設立、代表理事に就任。WRO(World Robot Olympiad) 2018 金沢大会小学生部門予選実行委員などを行う。近年は、日本マイクロソフト社のビジネスコミュニティの地方版「石川・金沢IoTビジネス共創ラボ」を複数のIT企業とともに設立に携わり、企業間を超えたものづくりの活動を開始、Society5.0の地方での実現に向けてのコンサルティング事業も行う。

君へのメッセージ
たくさんの人と出会うことで、たくさんの知恵が生まれます。 僕は自身のやっているコミュニティ活動でたくさんの人々と出会い、たくさんの知恵を授かり、たくさんのモノを生み出してきました。

今度は皆さんと出会い、またつながることで、新しい何かを生み出すことを皆さんと一緒にチャレンジしたいと思っています。ぜひ、ビヨンドコロナ社会へ向けて、一緒にチャレンジしましょう。

岩崎 弾

岩崎 弾

-IWASAKI Dan-

機器メーカー、新規事業開発支援、広告制作会社を経て、各種新規事業における面白いアイデアの種を形にして、製品として社会に咲かせるイマジニア(Imagineer = Imagination & Engineer) として活動中。
サービス化を踏まえたプロトタイピングに必要な、独自IoTデバイスや、モックを制作する仕事をしています。

つくることは意外に簡単。何かをつくり、価値を生み出すことで、毎日がより愉しくなる社会を目指しています。夢と魔法の王国の技術を愛するトランスジェンダー女性(MtF)。

君へのメッセージ
コロナによって、社会は大きな変動の時期をむかえています。
変動の時期というのは、今までの常識が非常識へと変わり、非常識が常識へと変わっていきます。
また、色々な事にチャレンジすることが容易い時期とも言えます。なぜなら、失敗したことが、既存の変化の波に呑まれてしまうからです。

動かなければ失敗することはありません。しかし、成功することもまたありません。失敗するコストが少ない今だからこそ、チャレンジするべきです。
皆さんの面白いアイデアを、一緒に、成功へと導きましょう。

太田 志保

太田 志保(a.k.a. SIHO)

-OTA Shiho-

札幌出身。2016年より金沢在住。商社勤務後、コンテンツ制作会社へ転職、ディレクターとして科学館展示物等の教育コンテンツを手掛ける。2009年プログラマー転向、体験展示制作を機に電子工作を始める。金沢移住後、螺鈿細工に出会い、漆工芸を学び始める。2019年から漆工芸と電子工作と融合した作品を展開。著書に『作って遊んで科学を学ぼう! 手作りロボット』など(講談社)

君へのメッセージ
見たこともない製品とは、いったいどのような発想で作るのでしょうか?
実は、モノづくりの世界では、突然新しいものが生まれることはありません。
いくつもの「知っている」ものを組み合わせたり、今まであるものに新しい機能を組み合わせたりして、新しい「見たことのないもの」を作り出していきます。

あなたの見たい作品は何ですか?実現する方法に悩んだら古くて近い何かを一緒に探しましょう。

河西 紀明

河西 紀明

-KAWANISHI Noriaki-

金沢工業大学 情報学部でメディアデザインを選考し、ユーザー中心設計や情報アーキテクトを学ぶ。所属する合同会社DMM.comでは金沢・東京の多拠点で活動し、横断組織でビジネス設計からテックもこなすユーティリティなデザイナーとして社内の事業開発の支援やスタートアップやサービス企画のサポートをおこなう。持続可能な社会設計に興味を持ちテクノロジーを活用したゲストハウスの経営やバケーションレンタルなど地域密着型のビジネス設計にも積極的。

君へのメッセージ
自分のアイディアを形作り実現するためには、自ら変化の中心に立ち行動しなくてはなりません。挑戦はいつでもとても勇気のいることですが、世の中に生み出せれる素晴らしいクリエイティブはいくつもの失敗から生み出されています。

今回の支援では皆さんの創造的な失敗をより良い経験と学びに変え、アイディアを0から1にするお手伝いをさせていただきます。

松田 夕貴

松田 夕貴

-MATSUDA Yuki-

メーカーで回路設計・組込みソフトなどの経験したのち、新規ビジネスの企画・開発を担当。より現場に密着した環境で社会課題に取り組みたいと考え、北菱電興株式会社に入社。製造業のFA部隊の経験を経て、現在は新規事業企画を担当。また、企業勤めの傍らMaker活動を行っており、イベントやコンテストへの参加を実施。得意分野の融合がモノづくりでは大切であるとの考えのもと、有志によるモノづくり活動を推進。自分が住む世界や社会は自分で作るを軸に、CivivTech活動も積極的に実施。

受賞歴に、「第55回 石川県発明くふう展 発明協会会長奨励賞」「KanazawaCivicTechContest2019 金沢市長奨励賞」「株式会社ローム主催 ROHC2019 最優秀賞」など。

君へのメッセージ
自分や身近な誰かが、欲しいと思ってるもの・困ってることに何気ないヒントがあると思ってます。自由な発想のもとで、発想を更に飛躍させたり、それを実現可能な具体性を持った形に落とし込んだり。

強い想いとそれを実現する具体性の両輪が新しい世界観を創り出すと思っているので、そういった試行錯誤を一緒に手伝えたらと思います。

飯貝 誠
-IIGAI Makoto-

タビト學舎 代表 /公益財団法人あくるめ 理事 /まちづくり学校かがやき塾 事務局

NTT データでシステム開発に従事した後、結婚を機に夫婦で575日間の世界旅行へ。帰国後石川にUターンし、2016 年加賀市にタビト學舎を設立。高校生への学習指導とキャリア教育ワークショップの提供を行っている。病院を改装した塾舎を利用し、子育て若者支援財団とまちづくり学校の運営にも携わる。

まちづくりや教育という観点から、皆さんのアイディアの実現をサポートできたらと思っています。

石原 加奈子

石原 加奈子

-ISHIHARA Kanako-

金沢市の金沢学生のまち市民交流館にて、学生団体や学生個人の相談を年間150件ほど伺いサポートしている。また、株式会社ガクトラボにて学生と地域の挑戦をつなぐプロジェクトを担当。

君へのメッセージ
自分に何ができるだろうか?
このHPを見られているみなさんはきっと、ちょっと何かをしてみたいと思っているのではないでしょうか?そんなみなさんのやってみたいこと、アイデアを一緒に楽しんでサポートできたらと思います!

板倉 賢太郎

-ITAKURA Kentaro-

大手企業により設立された海陽学園、早稲田大学文学部哲学コース出身。中学時代から社会人と24時間寮生活をしてきた経験から、「校外で学び挑戦する機会を中高生に!」と、キュリー株式会社を創立。
中高生向けプログラム紹介サイトQuliiの編集長を務める。
年間数千のイベントを扱う情報を活かし、学生や団体企業の企画補佐も行う。最近は高校での講演や外部講師を務めるなど学校現場でも活躍。

[君へのメッセージ]
多くのプログラムと学生を見てきて思うことは、「あらゆるサービスは、受け手よりも担い手が最も楽しさを享受できる」ということです。
テレビは見るより制作した方が面白い。ゲームもやるより制作した方が面白い。
皆様とは是非、サービスを作る側としての面白さを一緒に楽しんでいきたいと思います。

酒井 友季子

酒井 友季子

-SAKAI Yukiko-

福井県鯖江市で子育てをしながら、ハンドメイド作家(mamahug)として活動。2015年からハンドメイドイベントを主催するようになり、2018年には北陸最大級のハンドメイドイベント「クリエイターズランド」を開催。2日間で15000人を集客。二児の母。 (合)Creators Company代表。 2021年開催予定の「クリエイターズランド」「マルSABA」などのハンドメイドイベントに取り組みながら、2020年にはアウトドアブランド(ガレージショップ)「sunrise」を立ち上げた。

松浦 士登

松浦 士登

-MATSUURA Hironori-

エカイブ・エージェント株式会社 代表取締役社長(R2.5.18設立)
経歴 本年3月まで島根県庁に勤務(特に12年間を産業振興行政に従事。最近3年間は産業振興課長)
H26.11〜H 29.3の2年半ほど島根県奥出雲町副町長
H25.3にタイ出張時に初めて松島大輔氏に面会
R2.3行政の限界を感じて起業(ASEAN等の海外展開など地方の企業や地域の成長に向けた取り組みを支援する会社を創設)
その他の役職
島根県ものづくり産業アドバイザー
島根大学次世代たたら協創センター(NEXTA)コーディネーター
タイ王国公益法人お互いフォーラム顧問

君へのメッセージ
未来は誰にもわからない。しかし、このコロナによって今の延長線上にはないことは想像できる。この変革期にたまたま大学生、高校生である君たちは、イメージしていた自身の社会人像を変えていく必要もあるだろう。このタイミングを嘆いてもはじまらないし、この運命を受け入れることで、ピンチをチャンスに変える、その主人公になれる機会を与えてもらえたとも言えるのではないだろうか。大人は、時代を繋げるため、ふるさとを未来につなぐために若者を支援する。そこには沢山のヒントはあるが、本当の正解はあるのだろうか。むしろ、自分の後の世代である小さな子供や、これから生まれてくる子供たちの未来を想像することで次世代への責任を感じながら、自分の頭で考えることで初めて、変化に適合した新しい価値観による新しい世界に近づけると思う。

本当の成功は、失敗の先にある。失敗を恐れず、ワクワクと楽しみながら挑戦する若者に未来を託したい。このフォーラムが君の背中を押してくれるものであると信じている。

三浦 仁

-MIURA Hitoshi-

【プロフィール】
日本ユニシス株式会社総合技術研究所2046室長。日本ユニシス㈱に入社後、日本においてインターネットの商用利用が可能になった時に社外との接続や全社への普及に携わった。
その後、先端技術のフィールド適用のプロジェクトとして様々な全国各地でのでの活動を行う。オープンデータやスマートシティにおけるデータ活用に関してJEITA(電子情報技術産業協会)として海外事例の調査も行っている。現在はJEITA 情報政策委員会国際活動WG、石川ブランド審査員、石川県 産業創出支援機構 魅力的なIT製品創出プロジェクト講師 などを務めている。
 【ビヨンドコロナフォーラムへのコメント】
自分が何かを提供するときに、相手は何を欲しがっているのかということを共感することが大切だと思っています。そういう視点で皆さんのアイデアへの支援をできればよいと考えています。

中西 辰慶

中西 辰慶

-NAKANISHI Tatsuyoshi-

金沢大学理工学域数物科学類数学コース所属。東京出身で金沢大学へ。元々は機械工学に入学したが学びたいことに悩み、休学、転学し現在の所属へ。海外教育研修事業の引率、多様な人が語り合う交流会の開催、教育系ベンチャーでインターンするなど幅広く活動中。

君へのメッセージ
「自分には何が出来るんだろう。」「自分は何がしたいんだろう。」
このような悩みだったり考えは多いのではないでしょうか。私も日々学生生活を送りながら試行錯誤の繰り返しです。

今はまだやりたいことが分からない。けど何かしてみたい。そんなあなたに学生だからこそ出来るサポートがきっとある。そう思っています。一緒に何かやってみましょう!

杉山 正樹

杉山 正樹

-SUGIYAMA Masaki-

「江戸っ子で大阪弁を話す元商社マン。 商社マン時代、エクアドルでは商売相手にマシンガンで脅され、 マイアミ空港でコカインの運び人と疑われ、 雲南省で荷物没収など色々な修羅場を経験してきました。 ある日、新聞記者に話したアイデアが翌日の新聞一面トップ記事となり 始末書も書かされました。 商社マン卒業後、縁があって金沢へ。 10年が経ち手がけたマッチングは約200件。

さあこれから、70年の人生ネットワークを最大限に活かしていきます!」
現職: 北陸経済連合会 事業強化部長 杉山 正樹

また、現在プロデューサーも募集を行っています。
ご興味のある企業様は以下のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Contact

本事業に関するお問い合わせはこちらから

主催・共催

金沢大学
融合研究域
公認サークル
PENTA SHIPs

金沢大学
融合研究域

金沢大学
研究・社会共創推進部

地域共創推進課

タイ王国公益法人
お互いフォーラム

後援

北陸経済連合会

ハンガリー政府